鍵紛失をした場合は早急に不動産会社に連絡をしましょう

自分でできる鍵の交換

鍵

防犯性の高い鍵

防犯対策には防犯カメラやセンサーライト、警備会社との契約など様々な方法がありますが、もっともコストが掛からないのが、鍵交換と言われています。1つのドアに2つ以上のロックを付ける1ドア2ロックやディンプルキーなど鍵交換と増設です。現在の鍵から、防犯性の高い鍵に交換したり、現在の鍵はそのまま使用して増設するのも良いでしょう。ピッキング対策用の鍵にするだけで防犯性は上がります。空き巣は犯行がしにくい住宅を避ける傾向がみられます。空き巣からすれば鍵穴を見れば入りやすい住宅と入りにくい住宅が一目でわかります。ピッキングに強い鍵に交換するだけで良いのです。従来型の外溝のギザギザの鍵の場合10秒程度で解錠可能と言われています。

DIY交換に挑戦

玄関ドアの鍵交換はDIYにて交換が可能です。ドアノブにキーシリンダーが付いたタイプとノブとは別にシリンダーが付いているタイプがあります。自宅のドアのタイプに応じた鍵のパーツをホームセンターやインターネットサイトから購入します。ドアの側部のプレート部分の製品番号を確認します。鍵交換はドライバーのみで可能です。メーカーやドアのタイプと合致していないと鍵交換はできません。業者による交換は製品代定価と交換工賃、出張費などが掛かるでしょう。自身で交換すれば、工賃や出張費はかかりませんし、製品を安く購入することも可能です。ホームセンターやインターネット販売では、お値打ちな製品探して購入することもできます。