鍵紛失をした場合は早急に不動産会社に連絡をしましょう

男の人

印象だけではない

玄関などのドアはリフォームする機会があまりないものですが、防犯効果を高めるためには交換が必要になります。チャイルドロックなどの機能が付いたドアが、防犯対策にぴったりだと言われています。

鍵

自分でできる鍵の交換

自宅の防犯性を高めるために鍵交換が効果が高いと言われています。業者に依頼して鍵交換をするのも良いですが、自身でDIY作業にて鍵交換が可能です。パーツをホームセンターやインターネットでお値打ちに購入して交換すれば費用をかけずに防犯性がアップします。

イチオシサイト

  • 鍵猿

    対応エリアも幅広いので、トラブルを早期解決させたいならここに依頼。丁寧に対応をしてくれると評判を受けています。
  • マルチ救急24

    鍵交換だけでなく水道のトラブルや硝子のトラブルなどもまとめて対処してくれる業者を見つけておけばいざという時安心です。

不動産に助けを求める

錠前を持つ人

すぐに使用不可にする

外出中に意外と多いのが自宅の鍵紛失です。交番の落とし物として届けられることも多く、鍵紛失で困る人が少なくありません。他人に拾われてしまうと、自宅に勝手に入られてしまうかもしれないため注意が必要です。交番に届けられたとしても、合い鍵を作られた後かもしれません。鍵紛失に気づいたら、すぐに鍵を交換して使用できない状態にする必要があります。そのうち見つかるだろうと悠長に構えていると、空き巣や強盗の被害に遭ってしまうかもしれないのです。犯罪被害に遭わないためには、防犯意識を強く持つ必要があります。鍵紛失によって被る被害は甚大だといえるので、素早く鍵の交換を行うよう心がけましょう。鍵の交換費用がかかっても仕方がありません。

対応してもらう

鍵紛失をしたときには、必ず不動産に連絡する必要があります。防犯上鍵を交換する必要があるため、借主の義務ともいる作業です。鍵交換を怠ると、空き巣や強盗被害だけでなく不動産から損害賠償を請求されるかもしれません。入居している家はあくまで借りている他人のものです。他人の物の所有物を紛失すると損害を与えるだけでなく信用も失います。不動さんに連絡してすぐに対応してもらうことで、損害賠償を請求されたり信用を無くすことを防ぐことができます。鍵紛失は借主の過失によるものが大きいため、正直に全てを報告することで誠実さを証明することができます。鍵紛失をしたときは自分一人で勝手に対処するのではなく、不動産に連絡して適切な対応をしてもらうことにしましょう。

男性

依頼可能な内容は多い

信頼できる鍵屋は全国に数多くあるため、鍵のトラブルが発生した場合でも、すぐに対応してもらえます。また、平日よりも料金が高くなってしまいますが、鍵屋は土日や祝日、深夜帯でも対応してくれるため、問題を短時間で解決することができます。